妊婦さん&授乳中ママ必見!お家でディカフェ♡

妊娠中のカフェイン摂取には注意が必要

妊娠中からママが我慢しているもののひとつに”カフェイン“があげられると思います。

タバコやお酒同様、妊娠中お母さんが摂取したカフェインは、胎盤を通じて胎児に与えられてしまいます。
カフェインには、《興奮作用》《利尿作用》などの効果がありますが、
《具体的に胎児にどのような悪影響があるのか?》は、様々な報告があり現在も研究・調査が行われているそうです。

つまり、一概にカフェインが妊婦や胎児に悪影響がある!と言い切れる訳ではないのですが、
胎盤を通じてカフェインが移行してしまうことは確かなことなので、
大量に摂取するのは問題ないとも言い切れないっというわけです。

さらに、カフェインが胎児の体内に入った場合、胎児はカフェインを分解して排出する代謝能力が
大人に比べて低いので、長い時間、カフェインが体内に留まってしまうそうです。。。

少量のカフェインであれば、眠気覚ましやリラックスの作用があるコーヒーですが、
大量に摂取すると不安・不眠・興奮・幻覚・震え・不整脈といった悪い影響が現れます。
つまり、量が多すぎれば妊婦さん自身にも悪影響があるわけです。
なので妊娠期間は、過量のカフェインの摂取は避けたほうがいいですし、
コーヒーの量にも気をつけるに越したことはないということになりますね。

授乳中のカフェイン摂取は、乳児に影響を与えてしまう

出産後、これで美味しいコーヒーが思う存分飲める!!っと思いきや、残念ながらそうはいかない・・・
授乳中のママがカフェインを摂取した場合、30分以内に体内のカフェインが最高値に達して、
摂取した0.5~1.5%程度のカフェインが母乳にも入ると言われています。
なので、カフェインを大量に摂取した後で授乳をすると、赤ちゃんにも母乳を介してカフェインを与えることに!!
だけど、全くコーヒーをの飲んではいけないわけではなく、1日2~3杯のコーヒーなら授乳には影響が出にくいと言われています。

赤ちゃんにどんな影響があるのか?

カフェインを摂取した赤ちゃんには、以下のような症状が出る可能性があると言われています。
・不眠になる
・不機嫌で喜怒哀楽が激しい
・興奮気味になって落ち着きが無い

さらに、乳児は大人に比べて、カフェインを消化するのに時間がかかるそうで、約3日かかる場合もあるそうです。

ただでさえ、夜泣きで苦しいママさんにとって、カフェインのせいでさらに寝てくれなくて、
不機嫌になられてら、たまったもんじゃない!!!
もちろんコーヒーだけではなく、緑茶やコーラ、ココア、紅茶、ウーロン茶やチョコレートにも
カフェインは含まれていますので、摂取のし過ぎには注意が必要です。

私はこれでお家カフェを満喫☆

とはいえ、最近ノンカフェイン飲料が増えてきたような気がしませんか?

妊娠中から色々とノンカフェイン飲料をさがして飲んできましたが、
やっぱり美味しいコーヒーを飲みたくなるものでして・・
カフェにいけば、ディカフェを提供してくれるチェーン店もふえてきましたが、結構なお値段ですよね。

お家で本格コーヒーを楽しめる!
毎回カフェにいくのでは、お財布がもたない!!
とうわけで、我が家で大活躍しているのがこちら☆
ネスカフェドルチェグスト!

ついに、最近になって、カフェインレスのカプセルが発売されたのであります!!!
ネスカフェ ドルチェグスト専用カプセル レギュラーブレンド カフェインレス 16杯分

なんと1杯あたり57円!!

924円で16杯分入ってるので、カフェに通うよりかなりリーズナブルでお気に入りです。
毎日、これでカフェインを気にすることなく、美味しいコーヒーを飲んで楽しんでおります♡
妊娠中に発売して欲しかったな〜。

新商品が増えてる!!(※追記2017/3 )

カフェインレスコーヒーブームはまだまだ続いているようで、新商品が増えました。
カフェオレ(ネスカフェ ドルチェ グスト専用カプセル カフェオレ カフェインレス16P)ついに発売!!

格安で、美味しいディカフェが自宅でのんびり飲めるなんていい時代になったものですな(笑)

ちなみに、大手チェーン店でもだいぶディカフェが飲めるお店が増えてきてます!
詳しくはこちらの記事で紹介します☆