乳児にステロイド剤使って大丈夫?

ステロイド剤って?

先日、乾燥性乳児湿疹になってしまた娘ですが、皮膚科にいってお薬を処方されて、
言われた通り、1日2回、保湿剤とステロイド剤をぬったらすっかりよくなりました!

でも、ステロイドって副作用がある!とか効果が強すぎる!とか
怖い話を耳にしますよね?
知識のない私は不安だったので皮膚科の先生に質問してみました。
すると、冊子を2つ取り出して説明をしてくれました♪

“ステロイド”とはまたの名を”副腎皮質ホルモン”といって、
人のカラダの中で作られるホルモンで
《カラダの中で起きている炎症を軽くする》働きがある
物質なんだそうで。

つまり、ステロイド剤とは、自分のカラダの中で作られるホルモンだけでは、炎症を抑えられない場合に
外からも与えて効率よく炎症を抑えようとする薬っというわけです。

副作用がある?

ステロイド剤の全身的な副作用としては
《感染を悪化させる》《糖尿病が悪化する》《顔が丸くなる》
《精神的に異常をきたす》《骨がもろくなる》というものがあり、
凄く恐い薬だといわれることがあるそうですが。
これらの副作用は、よほど大量に長期間にわたって、
飲み薬や注射といった全身的に投与され続けた場合に起こるものであって、
局所(塗った場所)に働く外用剤でこのような全身的な副作用が起こることはまず考えられない!
っとのこと☆
もし局所で副作用が現れたとしても、早めに処置すればもとに戻るものがほとんどなので、
医師の指示を守って正しく使えば副作用を恐れることはありません!
と解説してくれました。

副作用の噂のウソとホント!

先生にもらったリーフレットによると

・ステロイドの塗り薬をぬると、色が黒くのこってしまうってホント?
⇒ウソ!!
使用したから黒くなるのではなく、
炎症がおさまった跡が一時的に黒くなることもあるが、時間が経てば薄くなる。

・ステロイド外用剤をしようすると、骨がぼろぼろになるってホント?
⇒ウソ!!
塗り薬であるステロイド外用剤で、骨に悪い影響が現れることはほとんどない。

・ステロイド剤を長期間塗ると血管が浮いて肌が薄くなるってホント?
⇒ホント!
薬が吸収されやすい顔やお年寄りの皮膚に長期間にわたって強いステロイド剤を塗り続けると、
血管が浮いてきたり皮膚が薄くなったりすることもある。

しかし、適切な強さのステロイドを適切な期間使用すれば避けることができる。
前の薬があまっているからと、自分の判断で薬を使用することはしないようにしましょう!

・ステロイド剤使うと成長障害がおこるってホント?
⇒ホント!!
乳幼児にステロイドを内服や注射で長期間使用した場合に成長障害が起こる可能性がある。
しかし、塗り薬を医師の指示通りの塗り方で塗っていれば、
体内に入っていく量はごくわずがなので、心配ない!
そうはいっても、乳幼児の場合は十分に注意しながらお薬を使用すること!
ステロイド外用剤を大量に長期間使用しなくてもすむように、医師の指示をきちんと守ることが肝心!

・ステロイド外用剤は効果が強すぎるってホント?
⇒ホント!!
ステロイド外用剤には色々な種類があり、薬の強さは5段階ある。
強いもの程効果はあるが、その反面使い方を間違えると塗った場所に副作用が現れる可能性が高くなる。
症状の現れている場所によって薬の吸収率が違うので、
【皮膚のどの部分に使うのか】、【湿疹の程度はどのくらいか】
によって薬を使い分けるので、使いわけの仕方を十分に医師から教わることが大切。

こどもにステロイド外用剤を使っても大丈夫?

ステロイド剤は年齢によっても使い分けをするそうです。
子どもは成人に比べて薬の吸収率が高く、強いステロイド剤を使うと、
塗ったところに副作用が現れる可能性もあるので、弱い薬を使うんだそうです。
子どもはより慎重に薬を使い分ける必要があるので、出来るだけ短期間での使用ですむようにする為にも
『まだもらった薬がのこってるから』と使い続けるのではなく、きちんと医者の指示を守って使うことが大切ですね!

ステロイド外用剤を使う時に注意することは?

ステロイド外用剤を使う目的は、《今起きている炎症を抑えること》です。
その為には一定の期間、ある程度の量を使い続ける必要があります。
『ステロドは恐い!』と自分勝手に医師に指示された量より少なめにしたりしていると、
いつまでたっても治らないということのなりかねません。
医師に指示された量と回数・期限を守りましょう!

症状が軽くなったら、ステロイド外用剤を減らす

通常1〜2週間使っていると湿疹の症状は軽くなっていきます。
実際娘の湿疹も、1週間程度でぼつぼつはなくなりました。
そしたら、それまで使っていたステロイド外用剤の量を減らしましょう。
症状が軽くなれば量を減らしたり、弱い薬にしても効果があるので炎症はおさまっていきます。

秋から冬にかけて、空気はとっても乾燥します!
油断をするとすぐにカサカサお肌にもどってしまうので、湿度50%を保って、
保湿剤をこまめにぬって、風邪&湿疹予防につとめようと思います!